gtya2ソーシャルゲームの高額課金問題をめぐり、
消費者庁は近く見解を公表







これまでガチャといえば、駄菓子屋さんやスーパーマーケットの前にある、お金を入れてハンドルを回してカプセルに入った景品を得るくじ引きのような自動販売機のことでした。

しかし、ここ何年かでガチャは、ネットワークゲームやソーシャルゲーム内でゲームに役立つアイテムをゲットできる有料ミニゲームをさすことが多くなりました。「ネットガチャ」「ネトゲガチャ」などとも呼ばれてます。

 ネットのガチャはゲーム内で使えるアイテムが景品で、ランダムで用意されたアイテムのどれかが当たるようになっています。ほとんどは別途で料金が必要で 1回ガチャをやるために100~数百円を支払います。ユーザーはレアアイテムを得るためにガチャをやるわけですが、レアアイテムが出てくる確率は一定では なく、何十回、何百回とガチャを引かないと入手できないアイテムも用意されています。


gtya

コンプガチャは違法懸賞、消費者庁が中止要請へ

携帯電話で遊べる「グリー」や「モバゲー」などのソーシャルゲームの高額課金問題をめぐり、消費者庁は、特定のカードをそろえると希少アイテムが当たる「コンプリート(コンプ)ガチャ」と呼ばれる商法について景品表示法で禁じる懸賞に当たると判断、近く見解を公表する。


 同庁は業界団体を通じ、ゲーム会社にこの手法を中止するよう要請し、会社側が応じない場合は、景表法の措置命令を出す方針。


 コンプガチャは市場規模2500億円を超えるソーシャルゲームで収益の柱の一つとなっているが、「射幸心をあおる」「子どもが夢中になり高額請求された」などの批判を受けていた。



 ガチャは、カプセル入りのおもちゃが出てくる自動販売機をイメージした商法で、1回数百円程度を払うとゲーム内で使うアイテムなどが当たる仕組 み。事前にどんなアイテムが購入できるか分からず、くじのように偶然性に左右される。さらに、ガチャで購入できるアイテムのうち一定の組み合わせをそろえ ると、より希少なアイテム(レアアイテム)を獲得できるのが「コンプガチャ」で、昨年頃からソーシャルゲームで導入され始めた。



 コンプガチャが使われる主な人気ゲームには、モバゲーで遊べる「アイドルマスターシンデレラガールズ」やグリーの「探検ドリランド」などがある。


(2012年5月5日19時01分  読売新聞



3:名無し募集中。。。:2012/05/05(土) 03:17:13.98
ざまぁw

コンプガチャシミュレーター
http://49.212.5.128/compsim/



51:ベジータ ◆miyaBI/38w :2012/05/05(土) 03:31:27.99
これ違法ってことならグレーゾーン金利みたく
今までの返金請求までできるようになる可能性あるぞ
潰れるんじゃね?



717:名無し募集中。。。:2012/05/05(土) 05:13:10.65

gtya1



721:名無し募集中。。。:2012/05/05(土) 05:14:21.20