prob6XMBからのISO/CSO起動が出来る、
正式版「LCFW 6.20/6.35/ 6.39PRO-B9」 公開



OFW 6.20/6.35/6.39からの直接インストールが可能
正式版が公開されました。
内部flashに書き込む作業があるため、
最悪の場合PSPが故障する場合があります。
導入は自己責任でお願い致します。


【用意する物】
OFW 6.20 or LCFW 6.20 PROシリーズ
OFW 6.35 or 6.35 PRO 及び LCFW 6.35 PROシリーズ
OFW 6.39 or LCFW 6.39 PROシリーズ


【更新内容】
▽復号化コンポーネントの更新
▽セーブデータとの互換性を持たせる機能の追加など



【導入方法】

・それぞれ自分のバージョンにあった
「LCFW 6.20/6.35/ 6.39PRO-B9 」をダウンロード、解凍。

・解凍後、出てきた「PROUPDATE」フォルダ、「FastRecovery」フォルダをms0(ef0):/PSP/GAME/へコピー。

game

・6.xx PRO-B Updaterを起動。

0003


・×ボタンでインストール。

PRO-B6B
【備考】
  ×ボタン・・・インストール
  Rトリガー・・・XMBに戻ります。
  △ボタン・・・アンインストール

PRO-B6A

・終了すると 「 Press × to start CFW 」と表示されるので
 ×ボタンでXMBに戻り完了。

ここで再起動しない場合はプラグイン関係は無効にして下さい。
*管理人は「seplugins」のバックアップを取って削除してから導入しました。



[設定]→[本体設定]→[本体情報]でシステムソフトウェアが、
『6.xx PRO-B9』になっていれば成功

000


・次回からは「6.xxPRO-B Fast Recovery」を起動することで
OFW6.xxの状態から6.xx PRO-Bを有効化。

0006

PSP/ISOフォルダに吸い出したROMを入れてメモステより機動。
(ISOフォルダがない場合は作成して下さい)

【CIPL Flasher For PRO-B】
*6.xx PRO-Bを導入したPSP-1000及び2000 非対策基板のみ

「LCFW 6.xxPRO-B」をCFW化します。

・DLした「6.xxPRO-B」中にある「CIPL_Flasher」フォルダを
メモステのGAMEフォルダに入れます。
・XMBから CIPL Flasher For PRO-B を起動します。
・×ボタンを押し、インストールを開始。

2011072312133174f

20110710235043

・・しばらくするとXMBに戻され完了です。

備考
*HOME ボタンを押しながら電源ONで OFW6.39での起動が可能。

【アンインストール】
「CIPL Flasher For PRO-B」を機動後○ボタンで行えます。
20110710235043

【注意】
CIPL Flasher For PRO-B で CFW化したまま
6.39 PRO-B Updaterでのモジュール削除は行なわないで下さい。
必ず、CIPL Flasher For PRO-BでCFWアンインストール→ 6.39 PRO-B Updaterでモジュール削除する様にして下さい。PSPが壊れます。


【PRO VSH MENU】


350

XMBでセレクトボタンを押すとTN VSH MENUが表示。
十字キー↑↓で項目の移動、十字キー←→で有効/無効化。×ボタンで決定。


【Permanent patch】使用方法
6.20PRO-B 導入の方のみです。
(こちらを導入しておくと、電源を切っても、PSPを起動するときに自動で6.20PRO-Bの状態を維持できます。)

・「6.20PRO」 状態にしたあと、ms0:/PSP/GAME/ に配置した「620PRO_Permanent 」フォルダをXMB より起動。

・英文が表示されるのでxボタンを押し、
バックアップ(flash0:/vsh/module/vshmain.prx)を取る。
vshprig.prx として保存されるので保管。
(アンインストールに必要となります。)

・次に○ボタンを押します。クラッシュしたりする場合は導入不可。

・アンインストールする場合は「Permanent Patch」 を当てている状態で
再び 6.20PRO-B Permanent Patch を起動する。
0017


【備考】
・R を押しながら起動させることでリカバリーメニューが起動。
・SELECT ボタンを押しながら起動すると OFW6.20 として起動。
・◯+x+START+SELECT を押しながら起動すると
強制的にパッチをアンインストールする。