auction売れなかった事に価値がある(キリッ





任天堂にとってファミコンの前身機となる、1980年に発売された「コンピュータTVゲーム」がヤフオクで24万円も値がついた
nintendo-tbge-mumisyou
出品者の説明によると、これはずっと倉庫に眠っていたもので、未使用品らしいが、それにしても24万2000円て、尋常じゃない値段だよ!!

恐らく大多数の方が初めて耳にするであろう「コンピュータTVゲーム」、これが中々エッジの効いたハードなんです。売価格の4万8000円。当時の大卒の初任給が約11万円ということを考慮すれば、非常に高価な品物だということがわかります。
110224osero02-thumb-400x134-25344

さらにこのゲーム機の悪いところはACアダプターの重量が2kgもあった。そしてゲーム機として一番重要なプレイできるゲームですが、なんと「オセロ」のみ。しかも、カラー画面じゃない!!(まあ、オセロは白黒ですし・・・いいんですけど)こいつのおかげで任天堂はファミコンを登場させるまで、ゲーム市場からの一時撤退を余儀なくされたというから、まさに屈辱的なワーストゲーム機と言える存在だ。

 あの悪名高きバーチャルボーイでさえ、全世界では120万台以上も売れているのに、いったいこのゲーム機はどれだけ売れなかったのだろうか・・・・・・

任天堂で最も売れなかったハードとの事ですが...なんとなく頷けてしまいます。

しかしマニアにはそんなこと関係ないんです。
 むしろそんなダメダメで、ぜんぜん売れてないやつほど欲しい。現にこの『コンピューターTVゲーム』は歴代任天堂ハードの中でもっとも謎に包まれてた存在だと言われており、世界中の任天堂マニアが血眼になって探してるものだという。
ソース元:ファミコンのネタ!!